読んでるような読んでないような

 先週木曜日に父が腹痛を訴えたので救急車に来てもらい即入院。胆石だったようで夜中まで付き添い翌日は三時間しか寝ずの営業。病状は安定しているみたいなのでわたしも体力を持ち直して週末の営業をこなした。やれやれ。

 やはりブログは何が何でも毎日書くと決めてないとズルズル更新が滞ってしまう。ネタがなくてもどこかからひねり出して書くというトレーニングが必要なのだ。だから、ブログを続ける秘訣はひたすら毎日書き続けることである。面白いことが起きなくて書くことがなくても、書く。それだけのこと。そうするとだんだん上達して書けるようになってくるが、ある一定の量を書いたら、またぱったり書けなくなる。そういう状態でここ10年くらい書き続けている。

 そういえばわたしはSNSとか掲示板とか、双方向にコメントしたりイイネしたりされたりするのが苦手で、わたしが何か書くと誰も突っ込んでこない。自己完結しすぎて突っ込みようがないのだ。
 面と向かって「何月何日のブログ読みましたよ!」と言われるのも照れる。この人読んでるのかな?読んでないかな?読んでないようで読んでるようなグレーな感じでお付き合いできるのがありがたい。


« もう無理なんてしない | メイン | オモチャの拳銃 »