ジャズとカレー

 ”カレー特集”のタウン誌をめくりながら、「隣のカレーはクセになるよね〜」とお客様が口を開いた。

 近頃カレーを売りにするカフェが増えていて、ジャズ喫茶でもなぜかカレーを出すところが多い。カフェ・ストーリーヴィルもそのタウン誌でジャズの聞けるカレーの店として紹介されていた。

 さすがにJimmyJazzでカレーを出す気は無いけれど、隣の食堂「やまだ」のカレーは密かにナンバーワンではないかと思ってる。
 舟の形のカレー皿に赤い福神漬けが添えられたいわゆる洋食屋のカレーで、カツカレーの時とエビフライカレーの時とがあり、どちらかは選べない。これにウスターソースをたっぷりかけて食すのであるが、かなりの辛さで、胃の弱い従業員がひっくり返ったほどである(^^;

 「やまだ」でカレーが提供されるのは、以前は土曜日だったが近頃は金曜日のランチタイムのみ。午前中の仕込みが始まると隣からカレーの匂いがして、おっ、今日はカレーだなとそわそわしてしまう。
 決して美味というのではないと言ったら怒られるけど、隣のカレーは定期的に無性に食べたくなる。
「何かヤバい物でも混ぜてるんでしょうかね〜」と言って、お客様は笑っていた。


« インフラノイズより USBアキュライザー"UACU-700"新発売 | メイン | 風邪ひいてました »