台風21号の爪痕

 2018年9月4日、台風21号が通過するのをじっと待っていたら、電柱からJimmyJazzの軒先へと繋がっている電線が強風で切れて、店の目と鼻の先にぶら下がり、風に煽られのたうつ蛇のように暴れまわる。うわっ、これって映画とかでよくある触ったら高圧電流で感電死するやつとちゃうんか( ̄▽ ̄;
 ぶらぶらして目障りだが、万が一触れて感電死したらイヤなのでそのまま放置しておいた。

 これくらいの被害で済んでよかった。さて家に帰ろうかと19時ごろに店を出て、電動シャターのリモコンボタンを押すが、うんともすんとも言わない。シャッターが動作しないのだ。うわー、これは困ったぞ!ご存知のようにシャッターのリモコンの電池はこないだ新品に替えたばかり。台風のせいでシャッターが壊れたのか??

 大阪府住宅供給公社の営業時間はすでに終わっているから、明日修理の電話をしよう。シャッターは開いたままでドアに施錠し、店にある有り金全部を持って一旦帰宅することにした。翌朝、早速公社へ電話をかけ、「電線が店の前にぶら下がってたいへん危険なのでなんとかして欲しい」「そのせいかどうかわからないが電動シャッターが動作しなくなったので修理して欲しい」と2点を訴えた。
 「危険」を強調したのが効いたか、台風直後にも関わらず対応は意外と早く、その日のうちに電力会社の人と、シャッター修理の人が様子を見に来てくれた。

 まず、感電死の恐れのある宙ぶらりんの電線は、”電話線”だということでNTTに撤去の連絡してくれた(^^;
 そして電動シャッターを点検してみると、20数年使ったので”単なる寿命”という診断を下された。台風全然関係ないやんけ!( ̄▽ ̄;
 (ちなみに両方とも修繕代はわたしでなく公社持ちになる)


« 被災者 | メイン | 電気キター! »