使ってない機器の影響

 レコードプレーヤーから入力するアンプのフォノ端子は、CDなどと違い微小な信号を増幅するためノイズを拾いやすく、フォノ端子を使わない人のためにショートピンが付属していることも多い。これはセレクターがPHONOになってなくても音質に影響があることを意味する。
 したがって、レコードプレーヤーを接続してる場合でも、先端のカートリッジが何かしらの振動を拾っていると思って間違いない。

 レコードプレーヤーのダストカバーがある場合、これを閉じているとその空気の容積に応じたピッチの影響を受けるかもしれないから、当店のダストカバーはレコードをかけないときでも演奏中は開けてある。
 いま現在当店のプリアンプはメンテナンスの出していて、D/Aコンバーターからダイレクトにパワーアンプに入力しているから、レコードプレーヤーからの線は差すところがなくて宙ぶらりんの状態。
 にもかかわらず、ダストカバーは開けてある。たとえ信号的にレコードプレーヤーの影響を受けなくても、他の要因で音質に影響を受けることがある。同時に別の理屈が発動するからオーディオは恐ろしいのだ(^^;


« 耳にかかる長さ | メイン | レコードひっくり返さなきゃ! »