CDあるのは普通じゃない

 そうか!みんなジャズのCDを持ってないんだ。
 なんでわたしがDJすると不思議そうに見るのか、今ごろわかった。意外なことにスイングダンスの人たちは踊るのは好きでも、ジャズ音楽じたいにはほとんど興味がない。ジャズのCDなんか一枚も持ってないって人も結構いるのではないか。

 踊りやすそうな曲がかかるとスマホをかざして検索し、YoutubeやアマゾンでダウンロードしてCDを焼いたりプレイリストを作って利用する。そんな感じなのである(^^;
 だから当然のように音質はイマイチ。ダンスのBGMなんだからそんなところまで気にしたくないのだが、やっぱりブルートゥーススピーカーでもわたしのiPhoneに入ってる無圧縮のファイルをかけると違いがはっきり出るのだ。

 音が良いからってダンスが上手くなるとは限らないけど、やはりノリは良くなる。ノリが良いダンサーが踊ると音も良く聞こえる。相乗効果。
 CDがいっぱいあることなど妙に自慢する気はさらさらなくて、むしろ馬鹿げたジャズファンの習性。毎日四六時中ジャズを聴いてるのが普通だと勝手に思い込んでいた。その方がずっと変なのに( ̄▽ ̄;


« 初DJ | メイン | ラストダンス »