初DJ

 水曜の夜は三ノ宮の東遊園地でチーマーのようにスイングダンスを練習しているMasterなのであるが、昨夜は初のDJに挑戦しましたよ!チェケラ!!( ̄▽ ̄;

 といっても、仕事中にダンスに良さそうだなと思った曲をiPhoneに入れておいてブルートゥーススピーカーでシャッフル再生しただけの話。でも実際にかけてみるとウケる曲ウケない曲が出てきて面白い。ダンサーたちの好みや場の空気もあるんだろうけど、やはりインストよりも歌ものの方がいいみたいで、内容がはっきりしていること、テンポがいいのはもちろんだ。フェードアウトするのはイマイチで、ある程度知られてる曲を混ぜた方がいいみたい。

 グレン・ミラーの「イン・ザ・ムード」なんか定番で、踊りやすいかと思ったらエンディングがちょっと複雑でダレてしまう。 意外とエレガントにキマったのがダイアナ・クラールの「Pick Yourself Up」。ダイアナのこのトラックがダンスホールでかかることはまずあるまい。全部自分の知ってる曲だから踊りやすいのは当たり前だけどね。
 ふむふむ勉強になるなあと感心してたら「どこかのクラブでDJなさってたんですか?」って、生まれて初めてのDJで言われてしまった。もっとも毎日店でかけてるのには違いないが(^^;


« 名演はオーディオいらず | メイン | CDあるのは普通じゃない »