長雨の影響

記録的な長雨が続き、久しぶりに日差しが強くなったら、ウソみたいにオーディオの音が良くなった。ウソみたいな話だが本当なのだ。さあこの現象をなんとするか。湿気が音に悪いと考えて除湿機をガンガンまわせばすむ問題なのか。湿気何パーセントが音に良いのか測ればいいのだろうか。長年の観察によると、一概に湿気何パーセントが音に良いといったものでなく、乾いた空気が湿気を帯びていく過程で音楽をかけるのが一番いいみたい。つまり、日が差して音が良くなったのは、店内の観葉が光合成して水分を空中に蒸散し始めて音が良くなったのだろうと考える。そのため葉っぱが蒸散しなくなると音は普通に戻る(^^;


« 「鳴ってない」ってどういうこと? | メイン | 神童 »