薬物中毒

 昔から「毒にも薬にもならん奴」なんてことを申しますがー
 みなさんご存知のように、コーヒーにはカフェインというごく少量の毒が含まれている。この薄められた毒を体内に入れると、毒が入ってきたぞってことで細胞が活性化して目が覚めたり元気になったりするというのがコーヒーの覚醒作用である。
 西田佐知子の「コーヒールンバ」なんて歌もあったけど、ごく少量の毒が刺激を与えて人生をより豊かにしてくれるというのはある。

 ジャズにもこれと同じような毒性が含まれている。なんとなくワルなイメージがあるでしょう。そこですよ!我々をワクワクさせているのは、ジャズに微量の毒性を感じるからである。毒を取り除いてしまうとジャズでなくなるし、毒が多すぎるのも問題だ。
 身体に害でない程度で、元気を取り戻す効能がある適量で楽しむのが肝要だ。一日中ジャズを聴いてコーヒーばかり飲んでると中毒を起こす…んっ?( ̄▽ ̄;


« ベイシーパワー | メイン | 「鳴ってない」ってどういうこと? »