ベイシーパワー

 今だから白状するけど、ジャズを聞き始めた頃はカウント・ベイシーって何が良いのかさっぱりわからなかった。どれも一緒じゃん!って、本当にイントロが全く一緒の曲が少なくない(^^;
 『ベイシー・イン・ロンドン』なんて録音も良くないし、過入力でピアノの音が潰れているし。

 それが変われば変わるもので、今日もその『ベイシー・イン・ロンドン』を聴いて最高だなと悦に入る。オーディオの再生能力が上がればあがるほど、カウント・ベイシー・オーケストラのアンサンブルとスピード感の素晴らしさが際立ってくるのだ。
 でもこないだ高槻ジャズストリートで中学生のビッグバンドがベイシーナンバーを見事に演奏していたから、悪いのはオーディオじゃなくて、わたしの感性が鈍いだけかもしれないな( ̄▽ ̄;


« フルムーンブギー | メイン | 薬物中毒 »