スイングしなけりゃ踊りにくいね

 リンディーホップを踊る際の音楽はもちろんジャズが主体なんだけども、わたしも半分くらいは知らない、というか曲は知ってても誰の演奏かわからないものが多い。器楽曲じゃなくて歌ものが9割以上で演奏時間は約3分。分かりやすくて誰でも知っててノリの良いのがかかるとダンスフロアにぞろぞろと人が溢れ出すが、テンポが速すぎたり遅すぎたり踊りにくい曲になるとダンサーが引き潮のようにいなくなる。

 定番曲の一つがニーナ・シモンの「My Baby Just Care for Me」で、近年シャネルのCMでも流れたからみんな知ってるし、テンポも長さもちょうど良い。
 それとエラ・フィッツジェラルドの「Shiny Stockings」も鉄板でしょっちゅうかかる耳タコナンバー。

 ビッグバンドではやはりカウント・ベイシーが多い。スイングするから踊りやすいのだ。デューク・エリントンも『A列車で行こう」とかたまにかかって、踊れなくはないのだが少し踊りにくい。エリントンがスイングしないというのはダンス音楽としてみると当たっている。あっ、「Caravan」もたまにかかるけどやっぱりこれも踊りにくいなw


« 華のない者 | メイン | 男の沽券に関わる »