オーディオの極意とは

 もう最近では、Masterがオーディオ記事書いて小遣い稼ぎしてたこととか、ケーブル売って小遣い稼ぎしてたとか、CD売って小遣い稼ぎしてたとか、知らない人の方が多いかもしれない。
 なんだか小遣い稼ぎばっかりやってたみたいだが、ほとんど稼ぎにはならなかったなあ。

 そうとは知らない人からオーディオの相談を受けたりする。どういう組み合わせをすれば良い音になるのか。部品は高級なのを使ってるのが良いのかなど。
 まず、自分が求める音が鳴ってるお店を探して、こういう音が出したいというお手本を見つけるのが手っ取り早い。オーディオ初心者の多くは、自分のシステムの音が他と比べて良いのか悪いのかさえ分からないから、どう進めていけば良くなるのか、そもそも良くなってるのかどうかさえ分からないものだ。

 あともうひとつ重要なのは、自分の好みドンピシャの音が鳴ってるシステム一式全部をそっくりそのまま自宅に運び込んでも、全く同じ音にはならないことを覚悟しなくてはいけない。
 そんなバカな!と思うだろう。バカなのがオーディオなのだ。テレビと同じように買ったらそれでおしまいというわけではない。ここから良い音を目指す長い道のりが始まるのだ。その事実に耐えなくてはいけない。わたしがそうしてきたように(^^;


« JJトロンボーン | メイン | Masterが来たりて判を捺す »