迷子のスーパーマーケット

久しぶりに家内と二人で近所のスーパーに夕飯の買い物に行ってきた。「一人で行くからいい」と笑われたが、買い物カゴを台車で押しながら、何にしようかと言いながら店内を見て回るのは決して嫌いじゃない。新婚の頃はベビーカーを押してよく行ったじゃないか。

さすがベテラン主婦、どこに何が売っていて安いとか高いとか、米は粒が揃ってなきゃダメだとか、買い物カゴの中の合計金額がいくらぐらいか、レジ袋に詰める順序からセロテープの留め方までありとあらゆるノウハウを熟知してる。いつも休みの日はわたしがテレビを見てる間に買い物してきてくれたが、髪を風になびかせ自転車を漕ぐ姿、なんか頼もしいな、かあちゃん。


« あなたには帰る家がある | メイン | 素敵な紹介者 »