あなたには帰る家がある

 毎週金曜のお楽しみは、中谷美紀主演のテレビドラマ「あなたには帰る家がある」。中谷美紀の目にいっぱい涙を溜めての熱演が、笑っちゃいけないのだけれど痛快で最高に面白い!あまりにも面白いので次の展開が待ち切れず、山本文緒の原作小説まで読んでしまったではないか(^^;
 原作とドラマ版では書かれた時代(1994年)も違うし、佐藤夫婦も原作は20代、ドラマは41(真弓)39(秀明)とかなり上になっていて、真弓の就職先は保健会社(原作)旅行代理店(ドラマ)で、佐藤家の子供は赤ちゃん(原作)中一(ドラマ)、それに原作では茄子田家にももう一人子供が居て出生の秘密がある。
 変更点は結構多く、話の展開も変わっているから原作を知ってても毎週ハラハラドキドキしてしまう。

 最新6話で、綾子と茄子田が佐藤家に押しかけ、佐藤の娘にまで秀明の浮気がバレて家庭崩壊。ついに離婚へと向かうところでまた来週。
 ドラマとはいえこんな修羅場を見せられると、チキンなわたしは浮気なんて絶対無理だな〜と思ってしまう。尤もそれ以前にモテないから全然心配ないけどね( ̄▽ ̄;


« 良いものは予算オーバー | メイン | 迷子のスーパーマーケット »