良いものは予算オーバー

 些細なことにこだわるのは馬鹿馬鹿しいと思うのだが、何かを選ぶにしてもAとBを見せられてどちらもパッとしない場合、それならとCを持ってこられてこれが抜群に良いと。これで必ず予算オーバーとなる(^^;
 こだわってますね!と皆さん褒めてくださるのだが、こだわってなんかいない。ただ結果的にそうなってしまうだけの話で、オーディオでも洋服でも商売道具のハサミでも、ちょっと良いなと思えるものは必ずと言っていいほど予算の範囲内で収まらない。
 予算内で選ぼうとすると、買っても買わなくてもどっちでもいいような物しか無くて、それなら買わなきゃいいじゃんてなもんである。

 ヘアサロン選びも、「髪の毛なんてどこで切っても同じ」じゃなくて、「ちょっと高いけどやっぱりJimmyJazzでなくては!」と思ってもらえるようになりたいものだなあ


« ブルースカイ ブルー | メイン | あなたには帰る家がある »