余裕のTuesday

 毎月あった第二・第三月火連休を返上し、月曜のみ定休として早八年。他所が休んでるから、まあお客さんゼロでもいいやと思って開けてるのだが、ありがたいことにそこそこ来てくださる。それも他店の顧客が流れてくるのではなく、当店の常連さんばかりである。
 それでも、まだ当店も連休してると思ってるお客様もいらっしゃって、「月曜だけ休んでます」と何回言っても浸透しない。でも電話はかけてくれるのだが(^^;

 この連休制度も理容組合が決めたもので、月一回第三月火のみ連休だったのが、バブル期であまりにも働き過ぎだということで、第二月火も連休になったのがたしか1990年だったと思う。それから皮肉にも理容業界は不況期に突入して行くのだが、連休制度そのものは変わらず続く。
 当店は組合加盟店ではないから、同じようにする理由は全くないのだが、一応定休日くらいは合わせておいたのだが、そんな悠長なことも言ってられなくなって2010年度から毎月の連休はやめた。

 そのぶん売り上げがアップしたのかというと疑問だけれど、ウチは他より二日多く開けていると思うと気持ち的に余裕が生まれる。サラリーマンは人が働いてるときに休むと優越感を感じるそうだがその逆だ。なにしろお客ゼロでいいと思って開けてるんだから、一人でも来たらもうけものである。二人来たらもう最高なのだが、もっと来てくれるから嬉しくて仕方がない( ̄▽ ̄;
 それで「これだけ働いたのだから、他にもヒマな日があっても仕方ない」と変な余裕が生まれる。実際には顧客数は変わってないのに(笑)
 用もないのに休みだけあっても苦痛なだけ。仕事するほうがのんびりできることだってあるのだ。


« ハードボイルドな休日 | メイン | 水に流そうWednesday »