ハードボイルドな休日

GWの疲れが出たのか、起きたら12時だった。せっかくの休みだから散髪に行ってランチでもと思ってたのだが、大人しく家でゴロゴロ。

録り溜めたテレビ番組に、「死刑台のエレベーター」を発見。マイルス・デイヴィスが音楽担当したフランス映画でなく、阿部寛主演のリメイク版。勿論カラー作品なのだが、フィルムノワールのハードボイルドな感じが出ていて、最近ハードボイルドバーバーを標榜してるわたしとしては、とても楽しく鑑賞できた。
続けて二本立てで「後妻業の女」を鑑賞。金持ちの年寄りと結婚して遺産を乗っ取る怖い女を大竹しのぶが怪演。少女のように可愛らしくも、老婆のように醜くも変幻自在。女って怖い。わたしは財産ないから心配ないけどね。


« 並び方が気になるんです | メイン | 余裕のTuesday »