一流と二流の違い

 音楽でもサービスでもオーディオでも、一流と二流の違いはほんの少ししかない。でも一流の値段はものすごく高い。ほんの少し我慢すれば二流、三流でもそう大差はないから、経済的にお得はお得である。
 しかしそのほんの少しの違いにストレスを感じる人もいるわけで、少々高くても安心して任せられる方を選ぶのも得策である。

 我々ヘアサロンも、髪を切るだけならどこでも大差ない。少々のことに目を瞑れば低料金のお店も決して悪くない。だが得てして低料金のお店には、あまりお金を使いたくない人が集まる傾向がある。散髪にお金を使いたくない人はあまり散髪が好きでない。
 理容師はどんな客が最も嫌かというと「俺、散髪嫌いやねん!」と宣言する客だ。心の中で思うのは勝手だが生業にしてる人に言うべきでない。ケンカ売っとんのか?てなもんである(^^;

 毎日気分良く仕事を続けるためにも、そういったなるべく散髪にお金を使いたくない人より、散髪が大好きで、喜んでお金を使ってくれる人を相手にしたほうがいい。人間は、本来お金を使うことが好きなのだ。ドーンと大金を払えばスカッとするし、お店の人が喜んでくれたら気分がいい。そうでしょ?

 「ここはイマイチなんだけど安いから我慢」を続けるより、もうちょっと高くてもいいから「ここでやってもらえば安心」といえる店、そういうのを目指してるんですが、なかなか「JimmyJazzは一流だ!」と自信を持っていえませんね( ̄▽ ̄;


« 歌いたくなる季節 | メイン | 木曜日はアナログナイトやってるよ! »