さらば青春のジミージャズ 5

懐かしくなって検索したら、「さらば青春の光」の映画をニコニコ動画で発見。あの頃は観てもピンとこなかった内容が、今はよく理解できる。というか、ジミーはあの頃の自分そのものではないか。

自分は特別なすごい存在のはずなのに、人づきあいが下手で、強情で、何も持たず、何者でもない。自分の素晴らしさを認めない世界が悪いのだと、周りのせいにする。
愛してくれる人もいるのに、感謝さえしない。

あの頃の自分じゃなく、いまのジミーもそんな感じだなぁ。


« さらば青春のジミージャズ 4 | メイン | プロの道具箱 »