さらば青春のジミージャズ 3

「さらば青春の光」主人公のジミーは、友人のロッカー、ケヴィンの大型バイクにまたがり、エンジンをかけようとキックペダルを踏むと、反動で脚を強打する。
「何だこりゃ?脚がへし折れそうじゃないか!ブーツはそのためか?」
 そう、ロッカーズの駆るオートバイはセルスターターではなく、キックペダルでエンジン始動しなくてはいけない。

 わたしがこの映画にかぶれた当時(’85年頃)はバイクブーム全盛期。とはいえ公道を走ってるのはカウルの付いたカラフルなレーサーレプリカばかり。ロッカーズみたいなカフェレーサーはほとんどなく、現行でキックスターターの付いてるのはヤマハSR400/500と同SRX400/600だけだった。
 中型二輪の免許を取りに教習所に通い、中古でSR400を手に入れ、そのまましばらく乗ったあとで箕面にある単気筒バイクカスタムで有名な”ペイトンプレイス”でロッカーズのBSAゴールドスター風にカスタムしてもらった。これにてロッカーズの一丁あがり。

 だが知り合いにロッカーズなんて一人もいなかったし、もしいたとしても床屋は月曜定休だからつるんで暴走することもなかっただろう。複数形でなくただのロッカー。こんなの敵対するモッズの連中に見つかったらボコボコにされてしまう!!ま、モッズだって一人も見かけなかったけどねー( ̄▽ ̄;

 リーゼントに革ジャンを着て、一人バイクで何処へでも出かけた。もちろん理容の講習会だってこの格好だ。「どうしてこう散髪屋ってのはどいつもこいつもカッコ悪いんだろう?」と、自分のことはさておいていつも思ってたなあw


« さらば青春のジミージャズ 2 | メイン | 本日5/4は臨時休業致します »