Goody Goody

今日は当店自慢(?)のスピーカーJBL4343Bのアッテネーターをグリグリいじっていた。アッテネーターというのは、ウルトラハイ、ハイ、ミッドのユニットに付いている出力調整ツマミで、ウーハーには付いていない。したがって、ウーハーから出る音量は一定で、残る3つのユニットから出る音量をグリグリやって調整しなさいということなのだろう。

五円玉などのコインを使ってツマミを回すのだが、4343のアッテネーターは回すたびにガリガリとノイズを発し、接触不良の位置では音が出なくなる(^^;
下手をするとどこかのユニットが鳴らないまま使い続けて恥をかくことになりかねない。

同じくマッキントッシュのプリアンプにも6バンドのトーンコントロールが付いてるのだが、これもほとんど使ってない。トーンコントロールとアッテネーター、機能は似かよっているがアンプのトーンコントロールは電気的にバランスを変えるもの、アッテネーターはユニットから音が出る量を調節してバランスを整えるもの…どっちにしても音が悪いのを抜本的に解決するものではないが、生音の出方、ベースがふくよかにプリーンと鳴り、トップシンバルをスティックで叩くコツーンコツーンという音がなんとか出ないかと調整中なのだ。


« 男は見た目が1.5割 | メイン | JimmyJazz スポットCM »