JimmyJazzがJimmyJazzでなくなるとき

 商売をやるなら経営理念が必要だ。なんとなくノリで〜ってのがいちばん危ない。自分が何を提供しようとしてるのか、これをはっきりさせておくと後々大きくはブレないで済む。

 では、JimmyJazzとはいったい何なのか、当店から何を無くしたらJimmyJazzでなくなるのか。”ジャズの聴ける理容室”と言ってるくらいだから、ジャズが鳴っている空間で散髪すること。これが何より大前提。
 オーディオは…そりゃあ良い機材があるほうがいいけれど、最悪ラジカセでもジャズが聴ければなんとかなる。これがジャズ以外のロックとかクラシックとかになるとダメだし、野球中継とかかけだすとJimmyJazzがJimmyJazzでなくなるから注意が必要だ。

 Masterの蝶ネクタイは?これは白衣とかじゃダメなのか?うーん、蝶ネクタイでなくてもいいけど白衣はちょっと違う気がする。エプロンもイメージ違うけど、まあどんな服装でもできないことはない。ヒゲもあってもなくても支障はない(^^;
 コーヒーやビールのサービスも、いらないといえばいらない。

 やはり本質はジャズが鳴っている空間で散髪することで、本質以外のおまけで釣ろうとしても、おまけ目当ての客はやがて離れて行く。客を呼び込むための特長はあったほうがいいけれど、あくまでも本質に近いところで勝負すべきなのだ。


« ジョニー・ギター | メイン | 特殊カテゴリー »