バーバー・マッドネス

今日は仕事をしながらソニー・ロリンズの『テナー・マッドネス』のB面をかけていたら、30数年前このアナログレコードを買ったときの気持ちが蘇ってきてなんだか嬉しくなった。
あの頃の私は月曜日に一緒に遊んでくれる友もなく、彼女もいなかった。Jimmy Jazzのことも全く考えてなかったけれど、進むべき方向ははっきりと見えていた。ジャズがテーマのカッコいい理容店、そんなの世界中どこを探したくなかった。今だってどこにもないと思うけど(^^;


« いぶし銀の理容師 | メイン | 懐かしの靱公園 »