誰のためのブログなのか

このごろブログの内容がなんかグダグダで申し訳ない。最初の頃はもう少し中身のあることを書いてたつもりなのだが、アッというまにネタが尽きてしまい、あとは取って出し取って出しの自転車操業。これではいいこと書けるはずがない。やはり材料を集めインプットしたら、じっくり寝かせて発酵させてアウトプット。こうでなくてはいけないな。だから最初は誰でもみんなうまいこと書けるんだよ。何十年も熟成した体験があるから。それが尽きてからがたいへんなのだ。

こんなの誰が読んで喜ぶかというようなブログであるが、十数年前みたいにオーディオマニア向けのものではなく、もはやわたし個人の生活に興味のある人しか見に来ない。そもそも最初の最初は当店の顧客向けサービスの一環だったがマニアックすぎて肝心の顧客が読めない。いままたブログを覗きに来る顧客が増えつつあるから本来の形態に戻ったと言えなくもない(^^;


« 愛の讃歌 | メイン | こだわりの人たち »