愛の讃歌

2007年の映画「エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜」を観る。時系列が飛んでちょっと混乱する。恋する若々しいピアフとズタボロの老女のようなピアフの対比が見事。それでも47歳で亡くなったから、わたしよりずっと若い。当時の47歳だとあんな婆さんなのだろうか。ビリー・ホリデイと同じ歳だとセリフがあったが、ビリーのほうがまだ若々しい。正直あまり好きな歌手じゃなかったけど映画観ると親近感がわくな。明日さっそく店で聴き直してみよう。


« カッコいい店 | メイン | 誰のためのブログなのか »