カッコいい店

心の中では密かにJimmyJazzがどこのお店よりもカッコいいと思っていて、当店よりカッコいい店があるとしたら、きっとそのお店みたいに改装してしまうだろう。しかし今更、「どうだいウチの店はカッコいいだろう?」みたいな写真を撮って見せるのは、ある意味自分の顔を載せるより恥ずかしい(^^;
30年も同じ内装。いくらカッコいいと思っていても毎日眺めてたら飽きてしまって、何がカッコよくて何がカッコ悪いか感覚が麻痺してわからなくなってしまったわい。


« オーディオの終点 | メイン | 愛の讃歌 »