JimmyJazz細胞

 春はホルモンバランスが狂うので、みんな少〜し行動が変になる。異常行動と言っては大げさだが、何か普段とちょっと違ったことをしてみたくなって、行きつけの床屋を変えてみたりする(^^;

 当店にも新規客が増えて来なくなった常連客と入れ替わったりして大いに焦る。このシャッフル状態もゴールデンウィークをすぎる頃に落ち着いて、普段通りのJimmyJazzとなるのだが、それまで油断はできない。より多く新規客に来てもらい、気に入っていただいて再来店に繋げ、常連様には愛想を尽かされないようがっちり引き留めなくては行けないのだが、やっぱり多少入れ替わりがある。

 これも当店を構成する細胞が入れ替わるみたいなもので、避けては通れない。新しくなることを恐れず、30年目のJimmyJazzを営業していきたい


« ジャズは急に踊れない | メイン | オーディオの終点 »