買うべきか買わざるべきか

 人生の残り時間が、昔ほどふんだんにあるわけではないので、例えばCD一枚買うにしても、まったく知らないアーティストの新録音をエイヤッと買うようなこともしなくなった。何を買うにもそれなりの理由がないと触手が動かない。買うには買うなりの大義名分…とまで行かなくとも、「俺はこれを買わなければいけない」と自分を納得させるきっかけやストーリーが必要なのだ。

 ただし千円以下の物に関しては、買うべきか買わざるべきかと悩んでる時間の方が勿体無いので、要るならとっとと買ってしまった方がいい(^^;

 わたしの場合は、ジャズとオーディオとバーバーのトライアングルに引っかからない物に関してはできるだけ淡白でいようと思うし、自分らしくないと感じることには深入りしないようにする。あっ、でも乗馬とかはやってみたいなぁ〜全然関係無いけどな( ̄▽ ̄;


« バーバーのJimmyさん | メイン | ジャズは急に踊れない »