スキンシップ

一説によれば、漠然とした不安感に苛まれるのはスキンシップの欠如によるという。たしかにわたしのように妻や娘からばい菌のような扱いを受けていると、昔のような家族とのスキンシップなんて望むべくもない(^^;
これは中年以降のおっさんに限ったことではなく、親の干渉を嫌い、女性にも相手にされない青春時代にも起きてるかもしれないなあ。

それを手っ取り早く治すには、床屋なり美容室なりに行くのがいちばんだ。信頼のおける他人に髪を触ってもらい、肩を揉んでもらってしかも美しくなれるのだから。もし読者のなかで正体のわからない不安を持ち続けている人がいたら、散髪、行きましょうよ!


« 学ぶことは無限にある | メイン | 過去の自分を裏切り続ける男 »