アリとキリギリス

 アリとキリギリス、どちらかといえば真面目に堅実にコツコツ努力するアリに近い人生を手本に生きてきたが、一昨年の入院を境に、キリギリスの人生、ん?「人生」じゃなくて「虫生」か?まあ先のことを心配して生きるより、とにかく楽しく歌って踊ってノンシャランな生き方に切り替えた。

 そういうキリギリス型の人生も、やっぱりリスクはあるわけで、これはこれでなかなか大変なものである。ただ、真面目でコツコツのアリが最後に勝利するかというと必ずしもそうでもない。病気や事故でコロッと逝ってしまうかもしれないし、第一わたしが本当に努力を積み重ねて勝利したかといえば、なんともいえない微妙なところである(^^;
 いまは、ちょいとすましてバイオリン弾いてるキリギリスが、なんだかとてもカッコよく思えてしまうのだ。


« 具のないカレー | メイン | 靱公園にジャズカフェがオープン »