2000年の父とスピーカー

 JBLのスピーカーを買ったのがたしか2000年だったような。日記を書いてたせいか結構鮮明に覚えている。あの頃の父の年齢に自分が近づいてきて、親父の当時の気持ちとか、なんとなくわかるようになってきた。

 いやいや、もうちょっと今のわたしの方が若くてシャキっとしてると思いたいが、側から見ればきっとよく似ているのだろう。彼だって中身は若いつもりだったに違いない。1990年に家族のためにとマンションを建てて、その借金で首が回らなくなり、みんなで随分苦しんだ(^^;
 しかしそのマンションでわたしも三人の子供を育て、ようやく借金もあと少しで完済というところまで来たのである。

 2000年当時は親父もまだイケイケで、そのマンションの一階に貸していた鉄板焼き屋が出て行ったところでカラオケ屋を始めた。しばらくは調子に乗っていたが、景気は下り坂で一昨年にとうとう店を畳んだ。
 親父の真似をするなら、もう数年でわたしもカラオケ屋を始めないといけないところだが、その予定はないw

 でもね、今の自分が当時の父の立場だったら、どう考えて、どう動いたか、なんだかわかるような気がして。偉かったな、親父。
 父はまだ生きてるけれど、もう2000年のあの頃の勢いはない。わたしも18年したらこんなに元気がなくなるのかと思ったらゾッとする( ̄▽ ̄;


« ストレート・フロム・ユア・ハート | メイン | 五輪刈り »