JimmyJazzオリジナルシザー

ジャズの聴ける理容室 JimmyJazzさん(@jimmyjazz4343)がシェアした投稿 -

 いまJimmyJazzオリジナルシザー、すなわち特製のハサミを作ろうかと検討中である。いつもメンテナンスを頼んでいるアヤックスシザーズにサンプルを貸してもらって、そのままでよければ特注などせず現物を買おうかと思ったのだが、実際に切ってみると、「もうちょっとスパッと」というか「パクッと」切れたほうがいいなとか、道具にこだわらないのがモットーだったのに色々と欲が出てくる。

 切った感触は材質の金属の硬さが関係してくるらしいのだが、こだわってないつもりでも30年以上もやってると好みの切れ味とか使い心地とかが自然と出来上がっていて、自分でも「切れ味がどうこうなんて何をエラそうに」と思うのだが、それなりにこだわってしまうのである(^^;

 もちろん、そういうやわらかい切れ味のハサミを買えばそれなりに文句も言わず機嫌よく使い続けると思うけど、アヤックスに注文して気に入ったハサミができて、これは素晴らしいと思ったなら ”JimmyJazzオリジナルシザー”として、ばっちりレーザーで刻印も入れて、WEB予約ページのインフラノイズ製品の横で売り出すかもしれない。そんなの欲しい人がいれば、の話だが( ̄▽ ̄;


« 殺し屋ちゃうで床屋やで | メイン | 罪を犯すなかれ »