愚かなりわが心

ジャズとかカットのテクニックを事細かく説明するのは苦手だが、なぜかオーディオのこととなると面倒なことでも長文で説明してしまう。一般の人にもわかるように書くと長くなってしまうのはしょうがないのだけれど、オーディオのことを書くのはあまり苦にならない。

 やっぱりオーディオでごちゃごちゃ変なことをやってる自分が好きなんだな。こんなことしてる俺って側から見ると変態だなと思いながら、そういう自分が嫌いではない。決して高尚なことをしてるつもりはなくて、むしろアホなことをしてると自覚しているのに、そのアホさ加減が自分によく似合ってる。

 これまで何人ものオーディオマニアが変態的なことをやってるのを目撃した。社会的に立派であればあるほど、その変態っぷりがいい。大の大人がどうでもいいことをこんなに必死になって、じつに愛すべき人たちだなあとニヤニヤしちゃうのだ( ^ω^ )


« あなたのマンション売ってください | メイン | 着道楽・音道楽 »