ファンキーでいこう

 明るいスイングジャズで踊るのも楽しいが、昨日リー・モーガンの映画を観て、やっぱりファンキーだよなとしびれちゃったのである。
 ファンキーとファンクは似てるけど違う。ファンキーモンキーベイビーはもっと違う。ファンキーの持つ、あのやるせないヤクザな感じ。殺し屋のテーマ曲みたいなダークなイメージ。

 ホレス・シルヴァーやキャノンボール・アダレイ、そしてリー・モーガンの在籍したアート・ブレイキー&ジャズメッセンジャーズ。ボビー・ティモンズ作曲の「ダット・デア」なんてファンキーなテーマが最高だ!

 こんな風に言ったら不謹慎かもしれないが、夫人による銃殺で、ファンキーなトランペッター、リー・モーガンの人生は完成されたのかもしれない。キリストが磔になってその使命を全うしたように。


« 私が殺したリーモーガン | メイン | あなたのマンション売ってください »