ポマードが主流

ジャズの聴ける理容室 JimmyJazzさん(@jimmyjazz4343)がシェアした投稿 -

 整髪料はだんだんとポマードが主流になってきた。ムースが30年前には爆発的に売れていたけれど、フロンガス規制からLPGに代わり、下火にはなったものの今でもムースをつけてくれと仰るかたもある。

 そもそもなんで泡なのかというと、液状のリキッドタイプだとよく伸ばさないとムラになるというので、泡状の整髪料が考案されたのだ。泡になってるからといっても内容はハードに固まるものからほとんど整髪力のないソフトなものまで様々。だから本当はムースという形態のものをつけてくれとオーダーするよりも、整髪力の強さやウエット感の有る無し、固まるか固まらないかといったニュアンスを伝えるべきなのだ。

 ガスを封入したムースという形態にこだわらないなら、整髪料は自ずと缶や瓶に入ったポマード状のものになる。そのほうがバブルじゃないぶん経済的だし環境にもいい。使用者が面倒がらずにちょいと手のひらで伸ばして使えばいいだけの話じゃないか。


« VITAVOX売ります | メイン | 私が殺したリーモーガン »