ダンス天国

 リンディホップ、スイングダンスは、原則ジャズの4ビートに乗って踊る、ジャズファンのわたしにはたまらなく楽しいダンスだのだけれど、実際に踊りに来ている人たちが熱心なジャズファンかというとそうでもなくて、単なるダンス音楽、踊るための素材といった認識で、少々アウェー感がしないでもない(^^;
 中には、「あまりこういう音楽が好きじゃないから、ダンスを習うのにちょうどいいと思った」とまで言う人もいて淋しいことこのうえない。

 エラ・フィッツジェラルドやカウント・ベイシーがダンス音楽なのか。もうちょっと有り難〜く踊ってほしいものであるが、きっと’30〜’40年代の彼らジャズメンもダンス音楽として演奏してたんだろうから、まあ、ある意味正しいのかw


« 趣味に妥協なし | メイン | The FALCON BBC LS3/5 »