Oh! You Beautiful Doll

ジャズの聴ける理容室 JimmyJazzさん(@jimmyjazz4343)がシェアした投稿 -

 年初からシャンソンやミュゼットばかり聴いてたら、突如目の前に煙るようなブロンドのパリジェンヌが現れて、わたしと踊ってくださいと両手を差し出すのである。これは夢か幻か?いや現実だ。ダンスパーティー会場での出来事だった。
 彼女の名はマチルダ。フランス人形みたいなとびきりの美人である。

 美女と一緒に写真ばかり撮ってニヤけているヘンな散髪屋がいると、近所で噂になってるらしいのでしばらく自粛していたけれど、これが自慢せずにいられるかっ!( ̄▽ ̄;
 マチルダは日本に旅行中で、たまたま開催していたパーティーにやって来た。ダンスはビギナーで全然踊れないから、同じくビギナーのわたしくらいがパートナーとしてちょうどよかったのだろう。

 残念ながらマチルダは4週間でフランスに帰ってしまうから、これ以上二人の仲が進展することはない、というか、これほどルックスに差があると絶対間違いなんて起きようがない(^^;
 わたしもあと30センチ背が高くて、10歳若かったら…、それでも到底ムリかwwww
 でもスイングダンスやってなかったら、一生こんな経験しなかっただろう。彼女と踊ってると映画の中にいるみたいで、なんだかいい夢見させてもらったなー。


« スランプ脱出 | メイン | プロフェッショナルの眼 »