ハタチのジミー

ネットの住人となって、かれこれ20年の歳月が過ぎた。現実世界の自分とバーチャル空間に生きるJimmyJazzとしての自分、本音を言ってるぶんネットの自分のほうがリアルに感じられる。心の声は饒舌だが、現実の自分はほとんど声を発しないこともある。休日の今日なんか尚更だ。こんなんでいいのか?(^^;


« オーディオと生は別物か? | メイン | 低音増強案 »