理論武装は感動に勝てない

「こうだからこうで、したがってこうならなくてはならない」
 と、特にわたしのような血液A型の男性はそういう考えに陥りがちであるが、そういった七面倒なことをゴチャゴチャ言ったところで何の効果も期待できない。
 そんなものは「なんかダサーい」「キモーい」と言われておしまいである(^^;
 人間は理屈で割り切れるものではない。人が動くのは感動したときだ。まず感動があって、そのあとに「実はこういう理屈が隠されているのですよ」と言って初めて説得力が生まれるのだ。

 オーディオ製品を選ぶときだって、たまに「このスピーカーはどうですか?」とかAmazonで売ってるのを見せられて相談を受けるのだが、そんなスペックだけ見て買うべきかどうかなんてわかるはずがない。実際にショップへ行って実物を聴いてみるべきだ。そして自分の耳で聴いて感動したら買う。しなければ買わない。それがいちばん。
 そこで、自分の耳に自信がないからといって「評論家がオーディオ雑誌で褒めてたから、良さがわからないけど買う」というような愚かなことをしてはいけない。これからその機器と付き合っていくのは、評論家ではなく自分自身なのだから。


« 新春シャンソンショー | メイン | ひ弱な胃袋 »