新春シャンソンショー

 歳をとると食べ物でも何でも趣味嗜好が変わるというけれど、音楽も若い頃に忌み嫌ってたようなダサい曲が好きになったりする。
 で、最近のマイブームがシャンソンなのである。失礼ながら爺さん婆さんがワイン飲みながら涙ぐんで聴く気持ち悪い音楽と思ってたのが、今聴くと心に沁みるのだから人間ってやつはわからない(^^;

 それもイブ・モンタンやモーリス・シュバリエ、ジュリエット・グレコ、エディット・ピアフら本物のシャンソンより、岸洋子とか日本の歌手が日本語で歌うのがいい。ちっとも尖ってなくて、聴いてると加齢臭がプーンと臭ってくるようで実に実に恥ずかしい!だがそれが良い!
 おっさんにならないとわからないこともあるんだなぁ。でも恥ずかしいから店では絶対かけないぞ!( ̄▽ ̄;


« 無性に肉が食べたい | メイン | 理論武装は感動に勝てない »