助っ人

 JimmyJazzの予約ページでは、インフラノイズ社のオーディオ製品も販売しているのだけれど、ありがたいことに新製品のデジタルアキュライザーDACU-500が大好評で、全国各地から感動の声が続々と寄せられている。それも、インフラノイズの古くからのファンだけでなく、DACU-500で今回初めてインフラノイズ製品を手にされた方が多いのだ。

 ずっとインフラノイズを贔屓にしてくださってるマニアの方々なら使い方も心得ていて安心だが、初めての方に買っていただくのは少しばかり緊張を伴う。ごく稀に「買ってみたけど違いが全くわからない」という方がいらっしゃるからだ(^^; 

 違いがわからない原因は、
1), 音楽ではなく、蒸気機関車の音とか川のせせらぎとか音階のないものをオーディオチェックに使っている場合
2), オーディオに情熱をかけるあまり、アクセサリーや対策につぐ対策でがんじがらめになってしまっている場合
3), オーディオの基本的な知識が不足している場合
4), 他社の特殊なオーディオメソッドに傾倒している場合
 などが考えられるが、そんな中でもデジタルアキュライザーが効くことも大いに考えられる。

 そして、これは素晴らしい!と、DACU-500の真価をわかってくださる方とは、もう手に手を取って踊り出したいほど嬉しいもの。インフラノイズと親和性があるということである。
 いわばオーケストラの中に強力な助っ人が一人参加したようなものだが、あんなストローの切れっ端みたいな物があんなに効くのだ。助っ人をもう一人、例えばリベラメンテケーブルなどいかがだろう?
 全品15%オフの”デジタルアキュライザー発売記念SALE”は1/20まで!この機会をお見逃しなく!!


« バーバーネットワーク | メイン | 無性に肉が食べたい »