バーバー界のメンドーサ

 続いて「劇場版 あしたのジョー2」を観る。この一つ一つのシーンが時代を作ってきたのを改めて確認。わたしもとうに忘れていたつもりだったのに、あっと思い出したのがホセ・メンドーサ。わたしは誇り高きチャンピオンのホセ・メンドーサになりたかったのだ(^^;
 あのヒゲと髪が微妙に薄いところなど、微妙にホセに寄せてきているw
 おそらくホセのモデルとなってるのは俳優のゲイリー・クーパーだと思うのだが、ゲイリー・クーパーを真似してるつもりが、本当はホセ・メンドーサをコピーしていたということに気がついた。

 今年はチャンピオン(!?)のわたしに闘いを挑む若者にコークスクリューパンチをお見舞いしてかろうじて防衛するも、一瞬で髪が真っ白になってしまう筋書きなのだが、何にせよメンドークサイおっさんである( ̄▽ ̄;


« わたしのジョー | メイン | この泪橋渡るべからず »