わたしのジョー

録画してた「劇場版 あしたのジョー」を観る。古い作品なので、いま観ると笑っちゃうようなところもあるけど、例えば力石徹が減量のためサウナスーツで水を絶つシーンなど、汗をかいたら痩せるという誤解を浸透させたのではないか?
それでも一つ一つのシーンが実に印象的で、間違いなく昭和の一時代を築いた名作だ。なんか涙ぐんでしまったなぁ(^^;


« 嫁実家へ | メイン | バーバー界のメンドーサ »