マイ・オールド・フレーム

 この世の中で起こる様々な事象は、ぼんやりしていて本来つかみどころのないことがありこちで起きている。それを人が言葉によって輪郭を与えることで「事実」というフレームに入れられる。

 例えば、JimmyJazzでいい音楽が流れていたとして、誰もそのことを口にしなければ何も事実として残らないが、わたしが「デジタルアキュライザーを装着した途端、マリア・カラスが目の前に出現して歌い出した!」と書けば、それは事実…じゃないけれども、そのような事が起きたんだという記録は残る。

 「事実」と称される歴史は、いつも勝者によって書かれてきたのだ。本当に事実かどうかは、実際に見た人にしかわからないし、もしかしたら見てもわからないかもしれない。言葉によるフレームがなければ事実も嘘もない。そのフレームは常に作為的にコントロールされているから、気をつけないとカラスがカアと鳴くかもしれない(^^;

 ただしD/Aコンバーターにデジタルアキュライザーを着けると音楽が良くなるのは事実!


« 最後の定休日 | メイン | ヒゲ育てて一年 »