犬派?それとも猫派?

 来年の干支は?戌年か。うちのチーちゃんの写真入りで年賀状作ったのが、もう12年前になるのだな。

 犬の好きな人、猫が好きな人、大きく二つに分かれると思うが、犬派の人は従順で真面目、人懐っこくて騙されやすい犬的な性格だし、猫派の人は自由で気まぐれ、しなやかで疑り深い?野良犬はすぐ保健所に連れて行かれるけど、野良猫は簡単には捕まらない。

 で、ジャズ関係の人は圧倒的に猫派が多いのである。やっぱりジャズは抜き足差し足、猫のイメージなんだろう。猫モチーフのジャズも結構あるし、ロカビリーもキャッツなイメージが強い。
 犬はジャズとあまり結びつかない。どちらかというと犬はクラシック?それもロシアとかドイツの。また、ブルースには犬の話がよく出てくるが、やっぱり鈍臭いイメージなんだ。犬は軽快にスイングしない。

 わたしも犬派なので、実はジャズに向いてないんじゃないかと思うことがよくある。何をいまさらwwww でもジャズを語るには生真面目すぎる気がしないでもない。もっとしなやかで俊敏で颯爽とした老人になりたいものだ。

ジャズの聴ける理容室 JimmyJazzさん(@jimmyjazz4343)がシェアした投稿 -


« THE CITY KOBE | メイン | GOGO Hair 移転&新装オープンレセプションパーティー »