レコードの音が良いのは超高域のせいではありません

 もうレコードで音楽を聴いて感動した回数より、CDやデジタル再生で感動した回数の方が多くなってしまった。少なくともデジタルの方が聴いてる時間は長くなっているが、こうしてデジタルアキュライザーを介した音を聴いてると、あれほど憎たらしかったCDの音もこれで良いではないかと思えてくる。

 まさか「レコードの音が良いのは、CDに入ってない超高域の音が入ってるからだ」なんて信じてる人はもういないと思うけど、念のため説明すると
 アナログ音声をCDのフォーマットに収めるために、人間の耳に聞こえない超高域をカットした。ところがいざCDを買ってみると音が良くない。これはきっと超高域をカットした祟りじゃ!と、超高域を復活させる運動が始まった。人工的に超高域を作り出して付加する機械や、SACDやDVDオーディオなどの超高域を含む規格を開発し、さあこれでレコードと同じ音になるはずだ!と思ったら、そうはならず、結局生産終了の規格倒れ、いや企画倒れに終わった。

 この時点で、「レコードの音が良いのは、CDに入ってない超高域の音が入ってるからだ」という説は敗北したのである。で、今度はハイビットハイサンプリング、つまりデータをもっと細かく刻んでやればレコードみたいになるだろうと、ハイレゾなんてものを流行らせようと躍起になっているが、これも廃れるのは時間の問題とジミーさんは見ている(^^;

 デジタル音声がレコードみたいに鳴らないのは、こないだも言ったように音と音との関係が適正になってないからだ。ドミソのドとミとソの美しい位置関係が、デジタルだと狂いやすい。そんなもんいくら細切れにしたって同じである。
 レコードやテープのアナログ音声は、回転ムラや鮮度の劣化というハンデはあっても、再生するドミソの位置関係が変化しない!この位置関係こそがレコードの優位性なのだと、なんで大手メーカーはわからんのだろうか。ちゃんとわかって製品を作ってるのは、我らがインフラノイズだけである。

 デジタルアキュライザーがこんなに効くのは、演奏家がデザインした音と音とのアラベスク模様が正しく描かれるせいなのだ。

※当店で取扱中のインフラノイズ製オーディオアクセサリーが全品表示価格より15%オフ!デジタルアキュライザー発売記念セール開催中!(2018年1月20日まで)


« 下克上 | メイン | モノより精神 »