下克上

 この2〜3年ほどの間で、世の中でもっともカッコ悪い職業だったのが、もっともカッコいい職業に急転換したバーバー。まだ社会的には認知されてないが、そこが最先端っぽくて、アンテナの鋭い人たちの間では「バーバーっておしゃれ」みたいな感じになってきている。
 わたしのように生まれた時から半世紀以上散髪屋の者にしてみたら、バリカンやポマードをまるでブランド物を愛でるように買い求めるのが、なんだか可笑しくってしょうがない。WAHL JAPANだって?なにかっこつけてんだ、バールだろ?てなもんであるw

 これが来年、再来年あたりになるとだんだん薄まってきて、世間一般にも浸透して、瀕死状態だった理容学校も生徒が増えるのではないかと思うのだが、やっぱり濃い〜のが一番面白いから、日本で手に入らないレアなバリカンなどの道具類を個人輸入したり、人の持ってないおしゃれな物を見つけて使っていたこの数年がよかったのかな、なんて思う。
 尤も、わたしはそんな面倒なことは一切しなかったけどね(^^;


« デジタルアキュライザーが音楽に効くわけ | メイン | レコードの音が良いのは超高域のせいではありません »