お店に行っていいですか?

 昔からちょくちょくあるのが、
「お店に行っていいですか?」
 というやつで、そりゃあ散髪しに来てくれるなら大歓迎なのだが、何もしないでただ「行ってもいいですか」「行きます!」というのは、決して迷惑じゃないんだけれど、来たってなにもないのになぁと恐縮してしまう。
 自慢のオーディオの音を聴きたい人、ジャズを聴きたいだけの人、店の内装に興味がある人、単純にMasterの顔が見てみたい人など店に来たい動機は様々だ。

 それが大阪市内とか、いつでも来れる距離の人なら「来てくれたらコーヒーくらい淹れますよ」と気軽に言えるのだが、いくらついでといえど新幹線とか飛行機とかに乗り継いでわざわざJimmyJazzまでやって来て、散髪もせずに一体なにが楽しいというのだろう(^^;
 それでも来たい!というなら止めないけれど、接客中でろくに話もできないこともあるから、やっぱり申し訳ないなぁと思っちゃうのである。

 そういう人が来た時のために、何か出し物を考えないといけないかなあ。いっそ土産物でも売るか( ̄▽ ̄;


« 猿の音楽 | メイン | デジアナ »