「永遠のジャンゴ」

映画「永遠のジャンゴ」観てきましたよ。一週間しかやってないんだもの。マイナーな映画のわりに結構お客さん入ってたな。
あらすじは、1943年ナチスドイツのパーティーでジャンゴ・ラインハルトのバンドが演奏し、かく乱したその隙に負傷したレジスタンスにボートで湖を渡らせるというもの。伝記というより、ナチのユダヤ人虐殺と同じくジャンゴらマナーシュ(ジプシー)への迫害がおおきなメインテーマ。

今じゃ考えられないが、ジャズのシンコペーションやブルース禁止、立ち上がってのダンス禁止など、ジャズは人々を熱狂させ、酔わせる麻薬や酒のようなものと思われていたようだ。
そういったあれも禁止これもやっちゃいけないといった窮屈な世界から精神を解き放つのが音楽ではないか。こういう映画を観ると、自ら窮屈なことを選ぶ人が現代に多いことに気づかされる。何も進んで囚人になることはないじゃないか。ねばならないに囚われるな。


« バーバーと床屋の違いって何? | メイン | 猿の音楽 »