形から入らないタイプ

 何事をするにも、道具・材料を全部揃えてからでないとやる気が起きな人と、とりあえず今ある物でなんとかできないか考える人とがいて、わたしは後者である。

 フォークソングをギターで弾いてみたいと思った中学時代も、家にあった親父のガットギターで練習して、金持ちの友達が持ってるピカピカのモーリスのフォークギターを触らせてもらったりもしたけれど、やっぱり馴染めなくてフォークギターは買わなかった。今思えば、親父のガットギターの方が音が良くて、モーリスはイマイチだったのだ。これがマーチンとかならまた話は違ってたかもしれない。

 オーディオも気前よく全部新品の物で始めたかというとそんなことはなくて、今あるスピーカーとか、昔から使ってたアンプに、ケープルとかプレーヤーなどの新兵器を導入したら、アッと驚くいい音に生まれ変わるのではないかと、そういう敗者復活戦みたいな考えで、あの手この手を使ってやって来た。
 最終的には全部買い換えることになるんだけれど、そこに至るまで課程も楽しまなくては損じゃないか。

 それにこれまで使ってきた道具を、新しいもの買ったからといって全てなかったことにするってのもどうかと思う。要するに未練がましいだけなのかもな(^^;


« プレーヤーの様子が手に取るように | メイン | 高いだけの値打ちはあるか »