僕と写真を撮ってください

 バーバーバトル中部予選を観に名古屋まで行ったのには、技術の勉強以外に本当は別の理由があった。どうしてもある女性と一緒に写真を撮りたかったのだ!ええ〜なんだまたかよ!?( ̄▽ ̄;
 いや、申し訳ない。でも、この一年ほどで、Masterはやたら女性と一緒の写真を撮りたがるヘンタイ親父になってしまったのかと心配された方も多かったと思う。

 ちょうど一年前に、名古屋の同じ会場で行われたバーバーバトルは何もかも新鮮でとても楽しかった。そんな中でイベントのお手伝いをしていたPinUpsというフィフティーズファッションの女性グループが、文字通りピンナップガールのようでとっても素敵だったのだ。
 それで、彼女らと一緒に写真を撮ってるいかついバーバーを見ては、いいなあ〜、羨ましいなあと指をくわえていた。

 なんでそのときに「僕と一緒に写真撮ってください!」と言えなかったかというと、やっぱり自分の容姿と存在感に自信が無かったのですよ。華のあるピンナップガールと並んでフレームに収まるには、わたしのルックスではあまりにも貧弱すぎてカッコ悪い。そう判断して諦めたのだが、こういういざというときに自信を持って写真を撮れないなんて、情けなくて自己嫌悪に陥ってしまった。

 よーし!じゃあピンナップガールと一緒に写っても見劣りしない自分になるぞ!と一念発起して、この一年間、練習といっては失礼だが、とにかくたくさん女性と一緒の写真を撮ってもらった。ヒゲを蓄え、ファッションにも気を使い、仕事にも自信を持って臨んだ。ダンスも習って、女性にも積極的に声をかけた。読者の大半はヘンタイ親父だと思っただろう!?えーい構うもんかいw

 そして一年、ようやくチャンスが巡ってきた!Haruさん、一緒に写真撮ってくださーい!!カッコいいかどうかは別にして、それなりに自信もついて、なんとか見られる程度には写ったと思う。全てのヘンタイ行動は、最終的にはこのことが目標だったのだ(^^;


« バーバーバトル中部予選を観てきた | メイン | ジャズの素晴らしい効能 »